中国武術

中国武術の高みを目指す5つの目標設定~武術追求の目標の考察から~

武術の目標

中国武術を練る目的は様々です。健康増進、護身、攻撃的技術の習得、中国文化をより深く理解するためのステップ、ストレス解消に、またただただ興味があるから、楽しそうだから、等さまざまな理由で武術を愉しんでいらっしゃいます。中国武術は練習者の様々なニーズに答える魅力を備えています。

高齢の老師
高齢の老師から中国武術を学ぶ際のメリットと留意すべきこと中国武術の学習は老師につくところから始まります。武術教室や武術館の老師は中年から老年の方が多く、中には90歳を超えても学生を指導していて...

本日はその中で中国武術を比較的専門に追求する方向けに中国武術の目標設定について解説します。

created by Rinker
¥10,000
(2022/12/07 21:09:11時点 Amazon調べ-詳細)

中国武術の目標設定

中国の風景中国の風景

中国武術の目標設定には以下の考え方があります。

老師の技芸を目標とする

一つ目は自分の老師の技芸を目標とするという考え方です。老師を尊敬し、教えを守り、
老師が持っている技芸に少しでも近づこうと努力します。そのため老師を目標にすれば老師から得た多くの経験、知見を自分のものにできます。

指導と伝達能力、学生を導くことに卓越した老師が武術を教えた場合、ひょっとすると学生は自分の潜在能力を大いに引き出せるかもしれません。

ですが、老師が名人芸を持っているものの伝達能力が高くない老師、つまりただの名人の場合、教授内容に暗黙知を的確に含めることができず、伝承の効率が落ちてしまいます。

老師と学生は別の生命体です。情報は完全に共有されることはありません。また学生が老師の経験と知識を100%消化吸収できる見込みもありません。よって老師の技芸を目標とした場合、目標達成における技芸の最大値は基本的には老師の技芸止まりであり、それ以上の広がりを持つことはありません。

created by Rinker
¥2,640
(2022/12/07 21:09:24時点 Amazon調べ-詳細)

門派に精通することを目指す

自分が探求する門派に精通することを目指すという考え方です。自分の老師から教わる技術内容を含めながら自分の老師の技術や風格以外にも視野を広め門派全体を俯瞰的に見渡しながら伝承、系譜、技術、理論ん、概念、思想、成り立ち歴史を研究するというスタイルがこれに当たります。

この場合、門派に関わる書籍の収集と解読、系譜の研究と技術風格の比較検討が必要になります。そのためには門派に関わる様々な老師や研究家を訪問しインタビューや意見討論を行う必要があるためこのような交流を嫌う老師もいます。

門派を研究する場合、自分が今まで学び練習してきた系統とは異なる支派との交流が発生します。その際に求められることは自分がこれまで練ってきた支派への執着や誇りを一旦横において置き、客観、公正、公平な目線で評価、検討、分析、検証を行うことです。

中国武術全体への理解を深める

中国武術全体の理解を深めるためには、一つの門派や系譜にこだわらない目線が求められます。中国武術を理解するためにはまずは無数にある門派の特徴と共通項を抽出し、整理し分析することが必要です。その過程において、自分が主修する門派の特徴、長所、弱点を深く理解できることにもつながります。

中国武術が内包する歴史や伝承、技術体系の情報は膨大です。ひょっとすると中原の東西南北中の五方を駆け巡り、外国人に解放されていない奥地の未開放区にまで足を運びながら現地の隠れた伝承を探索するところまで行かなければならなくなるかもしれません。

地方拳術の門派であれば中国の標準官話とその地方の方言だけをマスターしていれば事足りますが、中原をまたにかけるようになるならば、様々な地方の方言をも習得しなければその地域の長老らの話が全く聞き取れないという惜しいことにもなりかねません。語学を含めた中国の風習、文化にもある程度精通する事が必要です。

中国武術全体への理解を深めるという目的を持ちながら中国武術を研究すれば中国武術の評論をする際にも恣意的な目線を排除し、価値の優劣を客観的に評価することができるようになるでしょう。

中華文明と一体化する

中国武術の枠を超え、中国人の思考方法、中国人の文明、生活習慣などについて中国人と間に完全互換と一体化するというアプローチです。ここまでくれば中国人の感性と目線で中国武術を認識でき、中国人が醸し出す味わい、風格を出せるようになるかもしれません。

その代わりこの段階に至れば、自分が生まれ育った環境で持ち合わせた価値観、教育観、習慣を多少否定しなければならない局面に遭遇する可能性があります。

天人合一を目指す

国籍や民族を超え、一人の人間として宇宙と一体となすことを目指すものです。中国武術の枠は飛び越えてしまいますが、同時に中国武術の最終目標と言ってもいいとおもいます。この考え方を実践するならば、感性は中国人や外国人、または民族や宗教の枠をも超越します。技撃、藝術の枠を超え、森羅万象と一体化する、つまり天人合一を目指すことになります。

まとめ

中国の風景中国の風景

本日は中国武術の目標設定に関する考え方について5つの項目に分け解説しました。中国武術はさまざまなニーズに合わせて楽しめる余暇活動です。この中国武術の面白さ、奥深さ、魅力を少しでも多くの方に知って頂くためいろいろな記事を書いています。

本日のブログが皆さんの参考になれば幸いです。

老師を訪問する際の注意
老師を訪問する際に留意すること中国武術の門派、または中国武術全体を研究する場合、自分が就いている老師に習うだけではなく、老師の師兄弟、師叔 師伯、または他の系列の老師...
関連記事