中国武術

中国武術上達のコツ ~おやつを食べながら練習しよう~

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

風が強い日、暖かい日が交互に訪れ、だんだん本格的な春の季節を感じる日が多くなってきました。皆さんは中国武術の練習時のカロリー補給、栄養補給はどのようにされていますか?お菓子を食べながら練習すれば練習にて消費するカロリー、塩分、糖分が補給できお勧めです。本日はこれについて解説します。

練習のカリキュラム
中国武術上達のコツ ~カリキュラムを固定化させない~皆さんは、日々どのような練習をしておりますでしょうか。同じカリキュラムをやってはいないでしょうか。私は、毎回いろいろな練習をやり、同じカ...

練習中おやつを食べることのメリット

キャンディーキャンディー

練習中におやつを食べることのメリットを以下に説明します。

血糖値があがりやる気がでる

人間は空腹時や体が栄養不足の状態のときより、カロリーの高い物を食べて血糖値が上がっている時の方が、元気が出てやる気が出ます。やる気が出ると同じしんどい運動をしてもそれほど苦に感じなかったりします。

疲労感の軽減になる

おやつをたべてカロリーや塩分を適宜補給することは、疲労感の軽減につながります。練習の効用を高めるためには、疲労感を感じさせないことが重要なポイントです。疲労感は雑念となり、技術の向上の妨げになるからです。

集中力がアップする

おやつを食べながら練習すると集中力や記憶力がアップします。チョコレートやココアの成分には、集中力をアップさせる成分が含まれていることが科学的に証明されています。

歓談ができる

おやつを交換し合ったり、おやつを食べながら師兄、師弟、老師と練習すれば、歓談ができ、コミュニケーションが図れます。大事なポイントは、練習本体ではなく、お喋りの中から得られることが多く、無言で黙々と練習することで得られない知見を得られるチャンスが増えます。

自然に体を休めることができる

おやつを食べるために練習を中断することは、体に適切な休憩を与えることになります。それによってオーバートレーニングを防ぎ、炎症による不調を防止できます。

塩分が補給できる

練習中、塩分の入ったおやつを食べることにより、発汗で失われる塩分を補給できます。水分と同時に塩分を補給することは、熱中症の防止、疲労感の軽減に大きな貢献をします。特に無風の室内、日本では夏場、南方では春から秋まで、気温と湿度が高いところで練習する場合、塩分を摂取しないことは、命に危険を及ぼします。

  • 水分と塩分を撮らない
  • 水分のみ摂取する
  • 塩分と水分を摂取しながら運動する

では、疲労感に大きな違いがでることは科学的に証明されています。

created by Rinker
M&M's  エムアンドエムズ
¥3,400
(2024/02/26 04:34:10時点 Amazon調べ-詳細)

お勧めのおやつの食べ方

キャンディーキャンディー

おやつは少量づつ、適宜休憩を取ながら撮っていくことをお勧めします。おなかにたまらない程度が理想です。登山家も、移動時に口に入れやすく、かさばらない栄養補助食品を適宜取りながら移動を行います。カロリーの欠乏による疲労感を軽減するためです。これは参考にする価値があります。

created by Rinker
東洋ナッツ
¥982
(2024/02/26 23:28:56時点 Amazon調べ-詳細)

おすすめのおやつ

お勧めのおやつは、お腹にたまらないものです。

  • チョコレート
  • ナッツ
  • ドライフルーツ
  • スナック菓子

何でも好きなものを食べてもらえればいいとおもいます。

created by Rinker
カロリーメイト
¥1,879
(2024/02/26 23:08:28時点 Amazon調べ-詳細)

おやつを食べながら練習するのはけしらんのか?

ビスケットビスケット

おやつを食べたり、タバコを吸ったり、ガムを噛みながら練習することを禁止するのような文化は私はあまり聞いたとこがありません。だから自由です。

おやつやジュースを摂取しながら練習するのはけしからんという考え方はけしからんと思いいます。栄養補給はアスリートにとって重要な項目です。

まとめ

ラムネラムネ

本日はおやつをたべながら練習することについて解説しました。おやつを食べて気分転換をしながら練習し、中国武術の心意気を感じ、愉しむことは良いことだと思います。

おやつを食べながら老師の話を聞き、師兄と語らいながら練習し、カロリー、塩分、糖分を補給して、ライバルに差をつけよう。

練習は75%でやめよう
中国武術上達のコツ ~練習は75%くらいでやめる~皆さんは普段、一回の練習にかける負荷はどのくらいでしょうか。体が温まる程度、へとへとになるくらい、様々なやり方がありますね。私はいつも練...
関連記事